松戸の歯医者でも行っている痛みの少ない治療法

虫歯にならないための対策

虫歯の原因としては、虫歯菌の繁殖や口内に残った歯垢を除くことが適切な予防になります。歯垢や虫歯菌などの増殖は毎日の正しいブラッシングで抑え、手の届かない部分は定期検診などで対応しましょう。原因を把握し予防する努力によって健康な歯を維持することができます。

歯医者さんで受けることができる痛みの少ない虫歯治療

削らないので痛みが少ない虫歯治療

松戸などの歯医者さんでの虫歯の治療といえばドリルで削って治すというのが一般的な治療方法でした。ですが現在では医療技術の発達により削らずに治す方法も開発されています。初期の小さい虫歯なら消毒しその上からプラスチックなどを被せる方法などで治療ができます。虫歯ではない健康な歯を多く残せるので歯の状態もずっと良くなるのです。

麻酔をかける虫歯治療

重症の虫歯の場合、局所麻酔をかけて痛みを鈍らせています。代表的なものが歯肉に麻酔薬を直接注射する浸潤麻酔です。ですがこの麻酔注射がとても痛く不人気な治療方法でした。しかし現在では麻酔針の先端を細くすることで抵抗をなくし、電動麻酔器を使用することによって痛みのないスピードで注射することが可能になっています。

その他にもある痛みを軽減する方法

その他にもガス状の麻酔である笑気麻酔などもあります。このガスを吸うと半睡眠のような状態になりリラックスして治療を受けることができます。副作用もなく保険も適用されますのでどなたでも安心して受けることができます。そして最近では虫歯にレーザー治療も用いられるようになっています。高温で虫歯菌を蒸発させる治療ですので痛みが少なくドリルで削る等の不快感も低減されます。

松戸の歯医者でも行っている痛みの少ない治療法

歯

虫歯になってしまうその原因

毎日ブラッシングをしていても虫歯になってしまうという人もいます。その原因となるのが口内にいる虫歯菌です。この虫歯菌はミュータンス菌といい主に幼児期に保護者の口から感染します。甘いものなどでより増殖していきます。そしてその菌が歯垢を栄養分にして酸をだして歯の表面のエナメル質の部分を溶かし穴をあけます。それが虫歯となるのです。

痛みがない段階

虫歯もその進み具合によって状態が分けられています。ごく初期状態のものをC0といい少し溝などが変色していますが削る治療をせずに経過観察をします。もう少し進むと黒ずんだ孔があきます。痛みはなく歯医者さんにいくことではじめて発見されるのです。この頃から治療がはじまります。

痛みが出てくる時期

さらに冷たいものがしみるなど自覚症状がでてくるとC2と呼ばれる状態になります。それ以降は激しい痛みを伴うC3、C4と呼ばれる状態になります。歯の中の神経まで侵されC4まで進行すると治療が困難になってしまうので気をつけましょう。

食事の回数と虫歯になる関係

口内は食事により酸性化していきます。その状態だと歯のカルシウムやリンが溶け出し虫歯になりやすくなってしまいます。しかしその後30分ほどで唾液により口内は中和し歯にカルシウムやリンが戻っていくのです。つまり飲食をする回数が多ければ多いほど口内が酸性になっている時間が長く虫歯になりやすいといえます。

歯医者さんの予約方法から治療の種類まで

複数の人

岡町の歯医者に予約する方法と受けることができる治療

歯医者さんの予約方法から注意することまでを記載していきます。予約にも幾通りか方法がありますので、最初に確認して迷わないようにしておきましょう。さらに受けることができる治療の種類まで紹介しています。

READ MORE
歯医者

上野の歯医者が教える正しいブラッシングとは?

歯医者さんが教える正しいブラッシングを紹介しています。毎日行なう歯磨きだからこそきちんと学んで虫歯の予防に役立ててください。さらに予防の一環として歯医者さんで受けることができる定期検診もおすすめしています。

READ MORE
歯

松戸の歯医者でも行っている痛みの少ない治療法

予防してもなってしまうことがある虫歯。その原因と段階的な症状を知っておきましょう。そうすることで適切な治療を受けることができます。痛みを軽減する麻酔治療の紹介もしていますので自分の受けたい治療を探してみてください。

READ MORE
広告募集中